ブロッコリーに赤みが入ってきた。2017年01月24日

ブロッコリーに赤みが入ってきました。食べられるか心配になる人もいると思います。大丈夫です。
どちらかといば、冬になって赤みが入ったブロッコリーは甘みがあり栄養も高く綺麗な緑色のブロッコリーよりおすすめです。

ブロッコリーの花蕾が冬寒くなると写真のように赤みががった色があらわれてきます。

スパーでは緑色なので食べられるか心配になりますが大丈夫です。

冬の寒さが0度以下になると凍ってしまうためアントシアニンという成分を出してブロッコリーがデンプンを糖分に変えたりします。それによって凍結を防ぐようにしています。

色はアントシアニンの色です。アントシアニンは抗酸化作用もあります。

見た目は茹でれば同じで、栄養面、甘さなど寒くなって赤みがあったほうが美味しいです。ほうれん草などが冬になると甘くなるのは同じ理由です。

自分のホームページからコピー/貼り付けをしたら文字が大きくなりました。
すいませんこのまま公開します。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
コメント投稿の前に質問に答えて下さいな。
答えは「OK」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://okachan.asablo.jp/blog/2017/01/24/8332672/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。